ココロスキップの
点字シールプロジェクト
 一枚 ・ 一枚 ココロを込めて視覚障がい者が作業を行います
フェイスブック



お客様の声





点字名刺プロジェクトのホームページへ



福祉作業所 ココロスキップの理念


ココロスキップ施設長 大政マミ


点字名刺プロジェクトを立ち上げたのが2007年9月頃でしたので、
気がつけば10年もの歳月が流れようとしております。


25歳で会社を設立し、26歳で点字名刺プロジェクトを立ち上げたものの、
二週間ほど注文がない状況が続いてしまいました。


「やっぱり駄目だったか・・・」 と諦めた時、
ある建設会社の従業員の方から1セットのご注文メールを頂く事となりました。


「理解していただけるお客様が現れた!」 
感動のあまり、思わず涙を流してした事を昨日の事のように覚えています。


視覚障がい者のお仕事といえば、鍼・灸・マッサージを思い浮かびます。
しかし、このお仕事はセンスが伴いますので、働きたくても働けない方が
多く存在するのも事実です。


ハローワークへ行っても、視覚障がい者向けのお仕事そのものがありませんので、
働く意欲があったとしても、働けないのが実情なのです。


そこで、「障害そのものを ”マイナス” ではなく ”プラス” に変えるものはないだろうか?視覚障がい者の方が働くからこそ、価値が生まれるものを」


このような気持ちで始めたのが点字名刺プロジェクトでした。
今から10年前のチャレンジです。


〇お客様が点字名刺をご利用する事でお仕事に対する有益性
〇視覚障がい者の方が働く事による社会参加
〇点字の普及
〇障がい者の方が働く事による社会保障費の削減


2020年、東京でオリンピック・パラリンピックが開催されますので、それまでの間に日本で普及をさせ、「日本の文化として点字名刺を普及させられれば」日本の素晴らしさを世界にアピールしたいです。


そして、2016年から点字シールを販売する事になりました。
視覚障がい者が、一枚、一枚、手打ちで点字を刻印しております。そして、その作業の見守り業務や検品作業。梱包業務などを、精神障がい者や知的障がい者が行っております。みんなで力をあわせ、作業に取り組んでおります。


「障がい者が幸せに働ける環境を作っていく!」
「障がい者の所得を上げていく!」


ココロスキップはこの理念を掲げて運営しております。
お仕事の機会を作って頂き、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。


就労継続支援B型事業所(福祉作業所)
ココロスキップ施設長 大政マミ






トップページ 会 社 理 念 注 文 方 法 作業日誌 就労継続支援事業
点字名刺 お振込口座 Facebook(スタッフ)
Twitter(スタッフ)






点字名刺プロジェクトのホームページへ戻る