ココロスキップの
点字シールプロジェクト
視覚障がい者がお仕事として、一枚、一枚、手打ちで点字を刻印しています

会社理念 サンプル
発送・送料 通販表記 Q&A
施設案内





「診察券」 ・ 「CDやDVDのパッケージ」 ・ 「はがきや封筒」 ・ 「お手紙」・ 「名刺」 など、様々な用途で使って頂くための、点字シールを販売しております。インパクト、社会貢献、付加価値のUP など、優しさを表現するアイテムとして、ご提案をさせて頂いております。

ある視覚障がい者の方がこんなことをおっしゃっていました。「診察券などに点字が入っていれば、苦労をせずに探すことが出来るのに」

点字シールプロジェクトでは、視覚障がい者に対するサービス提供だけにとどまらず、社会に点字が普及する事で、その方々の理解につながれば。 視覚障がい者に関係なく、広く一般に点字が出回ることを願い、活動させて頂いております。

そして、障がい者に対する斬新なお仕事を作っていければ。みんなの工賃の向上を目指し、お客様・障がい者・そして社会全体が幸せになるアイテムとして、点字シールを普及させたいです。

どうぞよろしくお願い致します。


透明なシールです

ココロ眼科(ココロガンカ) と点字を刻印してみました。これを診察券貼ってみると



おしゃれで優しい診察券になりました。点字を世の中に普及をし、少しでも視覚障がい者の理解につなげていきたいです。どうぞよろしくお願い致します。







点字シールプロジェクトは、福祉作業所として施設を運営しております。「売上」から「経費」(シール代金など)を差し引いた金額は、全て障がい者の工賃になっています。たとえ重い障害があっても、最低賃金を払える仕組みを作りたいと考えております。





お好きな言葉を点字刻印いたします

ご指定の文言を10文字まで(同じ文言)、1セット(20本)1080円で販売させていただいております。備考欄に記載をお願い致します。

お問い合わせはこちらです。 → info@tenji-meishi.net






透明のシールになっています。


こちらの点字シールは 「ありがとう」 とシンプルに点字が打ってあります。視覚障がい者のSさんが、一つ、一つ、手打ちで作業を行っているものです。







「ありがとう」 の点字を打っているのは、約4年前に全盲になったSさんという者です。このSさん、目の見えない障害だけではなく、重複してある障害をも抱える事になるのです。それは、高次脳機能障害 と呼ばれる障害です。


高次脳機能障害とは、脳の損傷によって起こる様々な障害のことをいいます。Sさんは、記憶の回路に損傷があるようで、朝起きると、昨日まで覚えていたことが忘れてしまう特徴があります。お仕事の為に点字を覚えたい。 しかし覚えていたことが次の日には忘れてしまう。


「Sさんの気持ちをなんとか叶えたい」


そこでココロスキップでは、50音を全て覚えて頂くのではなく、ある単語に焦点を絞り、頭ではなく体で覚えて頂く事により、「お仕事に結び付ける事はできないか?」と考えました。訓練を共に開始してから約一か月、ついに、ある単語を打てるようになったのです。


その単語こそが、「ありがとー」 でした。





お仕事の時間にとどまらず、昼休みにも練習を積み重ね、点字シールに、「ありがとー」を打てるようになったのです。周りからは、「高次脳機能障害があるから点字を覚えることなど絶対に無理だ」とその可能性すら否定され、練習すらさせてもらえなかっただけに、本人も自信が付いたようです。


この、「ありがとう」 は購入して頂いた方に対する 「ありがとう」 そして、一枚、一枚、感謝の気持ちを込めながら、魂を吹き込んだ「ありがとう」ですので、ココロのこもったこの商品、きっとお役にたてるものだと信じています。


私ども、去年から点字年賀状シールを販売させて頂いております。視覚障がい者のお仕事として点字シールを販売するのは、もしかしたら世界初かもしれません。年賀状・お手紙・はがき。封筒。名刺などに、ご活用頂ければ幸いです。点字名刺と共に、視覚障がい者の新たなお仕事として、発展することを願っております。



1セット20本入りで販売しております




サンプル画像(クリックで画像が拡大します)
※ 点字のルールにより、「ウ」は伸ばす「-」決まりになっています。


点字シール (ありがとー)
1セットにつき、20本入っています
1セット1,080円(税込)です
長さ 約5.5センチ





〇送料

セット数に関係なく、送料無料で発送をさせて頂きます。発送方法は普通郵便でお送りいたします。配送方法を選択する際、点字シール専用の枠にチェックを入れて頂きますよう宜しくお願いいたします。







視覚障がい者のお仕事は限られています。その中でも、「鍼・灸・按摩(マッサージ)のお仕事は、多くの方が働いており、何百年も昔から、視覚障がい者のお仕事として定着しています。

しかし、視覚に障害をもっていない人の参入が相次ぎ、お仕事が奪われているのが現状です。鍼・灸・按摩(マッサージ)と共に、視覚障がい者の新たなお仕事を作りたい。それは、視覚に障害のない人が、参入できないお仕事でなければなりません。

晴眼者が点字を刻印しても全く価値がありません。視覚障がい者が作業するからこそ、点字名刺や点字シールの価値が生まれます。

点字名刺プロジェクトを運営するにあたり、ちょっとした閃きがありました。既存のお仕事に障がい者の方を当てはめようとするから、限界が生じるのではないだろうか? そうではなく、(点字名刺のように)障がい者にあわせたお仕事を作ることが、社会に求められている事ではないだろうか? 

点字(名刺)が社会に出回る事で、視覚障がい者の理解につながります。それだけではありません、障がい者が作業をしておりますので、就労にもなっています。

点字名刺や点字シールを普及させることで、みんなのお仕事を作りたいです。どうぞよろしくお願い致します。


会社理念 サンプル
発送・送料 通販表記 Q&A
施設案内


その他の情報    トップページへ
お問い合わせ(連絡先)
作業日誌を更新しています
ツイッター(スタッフ)を更新しています
フェイスブック(スタッフ)を更新しています
メディア掲載一覧ページ


その他のサービス

点字名刺プロジェクト
黒木アン(詩人) 点字詩集ウイルの販売
点字ポチ袋の販売


ココロスキップメディア掲載情報
2017/11 TOKYO FM 未来図鑑に出演いたしました(podcastで聴けます)
2017/11 株式会社シード様の取材を受けました
2017/11 点字毎日に取り上げて頂きました
2017/11 山陽ラジオ、「マモちゃんラジオ」に出演いたしました
2017/8 志木市のコミュニティーでお話をさせて頂きました
2017/6 FMフジ(Yes!Morning)に生出演をさせて頂きました
2017/3 J-WAVE(平井理央WONDER VISION)に生出演
2017/3 RSK山陽放送ラジオに出演をさせて頂きました
2017/3 JAIFA様から講演のご依頼を頂きました
2017/1 NHKの取材を受けました(点字名刺の普及を目指して)  
2016/12 埼玉県吉川市役所を表敬訪問させて頂きました
2016/9 埼玉ビジネスウォッチ(テレビ埼玉)の取材を受けました
2016/9 埼玉新聞の取材を受けました
2016/3 朝日新聞(夕刊)の取材を受けました